岩手県盛岡市ブランド買取 |エコノマート| 金・プラチナ・時計・貴金属
Don't trade COPY GOODS!! 偽ブランドは買わない! 持たない! 流通させない! エコノマートは安心してお買物ができるお店です。
 宝石・貴金属・ブランド・時計の買取販売のことならエコノマートへ                

商品の新着情報はもち
ろんお店の情報なども
ブログでお知らせして
いきたいと思います♪


ブログはこちら

知って得するINFO
・バッグ・メンテナンス方法
・ジュエリー・マメ知識


時計の用語集

ブランド公式サイト リンク集



アクセスカウンター


ホーム > 知って得するINFO > バッグメンテナンス方法
バッグ・メンテナンス方法
私たちが実際におこなっている、バッグのメンテナンス方法をご紹介致します。
ブランド物のバッグ類・・・大切に使いたいものですよね。


 【1】LV モノグラム・ダミエ・ダミエアズール・マルチカラー
 
【2】硬めの革素材 LV エピ ・CHANEL キャビアスキンなど
 【3】柔らかい革素材 CHANEL カンボンラインなど
 【4】布素材 GUCCI GG柄キャンパス地など
 
【5】エナメル素材 LV ヴェルニなど
 【6】お手入れ用品について
 
【7】保管方法について
 
【8】使用上の注意事項
 
【9】ファスナーについて


【1】LV モノグラム・ダミエ・ダミエアズール・マルチカラー

【STEP1】表面のお手入れ方法

1.クリーニング

表面の革が、全体的に汚れてきたら、レザーソープ(革用クリーニングフォーム)を綺麗な布に馴染ませ、
満遍なく塗り、軽く擦りながら汚れを落としていきます。

2.仕上げ

プレミアムローション(革用栄養・保湿クリーム)を布に少量を馴染ませ、満遍なく塗ります。乾いたら、
布の綺麗な部分で乾拭きをします。更に、レザーグローブ(革の艶出し用)で乾拭きすると、光沢が出ます。

3.部分お手入れ

ヌメ革の汚れは、ソフトガミ(革用消しゴム)で優しく擦り、汚れを落としていきます。
保湿として、シリコンポリッシュを布に少量を馴染ませ、薄く満遍なく塗ります。


【STEP2】内面のお手入れ方法

1.ゴミ・ホコリ取り

ブラシ等を使って、内側のゴミなどを取り除いていきます。


2.布素材の場合

テキスタイルヌバッククリーナー(布用クリーニングフォーム)を綺麗な布に馴染ませ、軽く擦りながら
汚れを落としていきます。
※注意!! 泡をつけすぎると、染みになる場合があります。
直射日光は避け、よく乾かしましょう。

3.革素材の場合

レザーソープ(革用クリーニングフォーム)を綺麗な布に馴染ませ、軽く擦りながら,、汚れを落としていきます。
乾いたら、保湿として、シリコンポリッシュを布に馴染ませ、満遍なく塗ります。



▲このページのトップへ 
【2】硬めの革素材LVエピ・CHANEL キャビアスキンなど

【STEP1】表面のお手入れ方法

1.クリーニング

擦れて、黒く汚れた部分は、ソフトガミ(革用消しゴム)で、優しく擦り落とします。
レザーソープ(革用クリーニングフォーム)を綺麗な布に馴染ませ、満遍なく塗り、軽く擦って汚れを落として
いきます。乾いたら、布で乾拭きをします。

2.仕上げ

ディアマント(革用栄養・保湿クリーム)で、革に栄養を与えます。少量を綺麗な布に馴染ませ、均一に塗ります。
よく乾かした後、レザーグローブ(革の艶出し用)で乾拭きすると、光沢が出ます。


【STEP2】内面のお手入れ方法

上記【1】のLVモノグラムなどの【STEP2】内面のお手入れ方法を参考にして下さい。




▲このページのトップヘ 
【3】柔らかい革素材 CHANEL カンボンラインなど

【STEP1】表面のお手入れ方法

1.クリーニング

表面に付着した黒い汚れなどは、ソフトガミ(革用消しゴム)で、優しく擦り落とします。
レザーソープ(革用クリーニングフォーム)を、綺麗な布に馴染ませ、満遍なく塗り、軽く擦って、汚れを落とし
ていきます。乾いたら、布で乾拭きをします。

2.仕上げ

ディアマント(革用栄養・保湿クリーム)で、革に栄養を与えます。少量を綺麗な布に馴染ませ、均一に塗ります。
よく乾かした後、レザーグローブ(革の艶出し用)で乾拭きすると、光沢が出ます。

【STEP2】内面のお手入れ方法

上記【1】のLVモノグラムなどの【STEP2】内面のお手入れ方法を参考にして下さい。


▲このページのトップへ 
【4】布素材 GUCCI GG柄キャンパス地など

【STEP1】表面のお手入れ方法

1.クリーニング


ブラシなどを使って、ゴミを取り除きます。テキスタイルヌバッククリーナー(布用クリーニングフォーム)を、
綺麗な布に取り、軽く擦りながら、汚れを落としていきます。
直射日光は避け、陰干しでよく乾かします。充分に乾いたら、防水スプレーをします。


2.仕上げ

ディアマント(革用栄養・保湿クリーム)で、革に栄養を与えます。少量を綺麗な布に馴染ませ、均一に塗ります。
よく乾かした後、レザーグローブ(革の艶出し用)で乾拭きすると、光沢が出ます。


2.部分お手入れ

革素材の部分は、黒ずみなどをソフトガミ(革用消しゴム)で、優しく擦り落とします。
レザーソープ(革用クリーニングフォーム)を、綺麗な布に馴染ませ、軽く擦りながら、汚れを落としていきます。
乾いたら、布で乾拭きをします。
仕上げに、プレミアムローション(革用栄養・保湿クリーム)を、綺麗な布に少量を馴染ませ、満遍なく塗ります。
乾いたら、レザーグローブ(革の艶出し用)で乾拭きすると、光沢が出ます。


【STEP2】内面のお手入れ方法

上記【1】のLVモノグラムなどの【STEP2】内面のお手入れ方法を参考にして下さい。


▲このページのトップへ 
【5】エナメル素材 LV ヴェルニなど

【STEP1】表面のお手入れ方法

1.クリーニング

黒ずみなどの汚れは、ソフトガミ(革用消しゴム)で、優しく擦り落とします。汚れがひどい場合は、ラックポリ
ッシュ(エナメル革用汚れ落とし)を汚れを擦り落とすように塗り、よく乾かした後、綺麗な布で乾拭きをします。

2.仕上げ

ラックスプレー(エナメル革用艶出し)を全体にかけ、綺麗な布で軽く擦り、磨きます。
最後にレザーグローブ(革の艶出し用)で乾拭きをします。

3.部分のお手入れ

持ち手などが、ヌメ革の場合は、ソフトガミ(革用消しゴム)で優しく擦り、保湿として、シリコンポリッシュを
布に馴染ませ、塗っていきます。


【STEP2】内面のお手入れ方法

上記【1】のLVモノグラムなどの【STEP2】内面のお手入れ方法を参考にして下さい。




▲このページのトップへ 
【6】お手入れ用品について

当店では、『コロニル』というメーカーの、フォーム・クリーム等を使用しております。
『コロニル』のHPでも、お手入れ方法が掲載されており、私たちも参考にしております。。


【7】保管方法について

型崩れしないように、紙などをバッグの中に詰めておきましょう。
『注意』…新聞紙は、インクが、バッグ内に付着してしまう恐れがありますので、ご使用は避けてください。

専用の保存袋や、柔らかい白綿布等に入れて下さい。

湿気のない場所に保管して下さい。
 クローゼットや、押入れの中でも、空気通りの良い、上段が最適です!
 同じ場所にぎゅうぎゅうに押し込まず、隣のバッグと適度な間隔を保つようにして下さい。

湿気がこもると、カビや、革自体が湿気を吸収して、ペタペタの状態になり、革はげの原因となります!!

ホコリや汚れも、カビの原因となりますので、保管の前にお手入れをして下さい。
 2ヶ月に1度位、定期的に陰干しを行なって下さい。


▲このページのトップへ 
【8】使用上の注意事項

ヌメ革が付いているバッグは、染みになりやすく、また、日焼けをする性質です。
 雨や雪の日のご使用は、極力、避けて下さい。
『注意』…ヌメ革に1度付いてしまった染みは、落とすことが出来ません。


バッグの中に、物を詰め込みすぎるのは、やめましょう。
 型崩れや、ハンドル・ショルダー部分などに、大きく負担がかかり、破損の原因となってしまいます。



【9】ファスナーについて

ファスナーが渋くなり、開閉がやりづらくなった!!
そんな時は、ホームセンターなどで売っている『シリコンスプレー』を、綿棒に染みこませ、ファスナー部分に
塗ります。
何回続けると、すべりが良くなっていきます。



▲このページのトップへ 
特定商取引法に基づく表記 支払い方法について 配送方法・送料について よくあるご質問 サイトマップ
Copyright (C) 2009 Economart All Rights Reserved.