エコノマート公式サイト 宝石・貴金属・ブランド・時計の買取販売のことならエコノマートへ
Don't trade COPY GOODS!! 偽ブランドは買わない! 持たない! 流通させない! エコノマートは安心してお買物ができるお店です。
 宝石・貴金属・ブランド・時計の買取販売のことならエコノマートへ                
 

商品の新着情報はもち
ろんお店の情報なども
ブログでお知らせして
いきたいと思います♪


ブログはこちら

知って得するINFO
・バッグ・メンテナンス方法
・ジュエリー・マメ知識


時計の用語集

ブランド公式サイト リンク集



アクセスカウンター


ホーム > 時計用語集
時計用語集

 あ行
 
か行
 
さ行
 
た行
 
な行
 は行
 
ま行
 
や行
 
ら行



 あ行

ISO規格 国際標準化機構(International Organization for Standardization)が定めた規格。時計では 耐衝撃、耐磁、一般防水、潜水用腕時計などが定められていて、ダイバーズウォッチとその他の時計を区別するために表示される。

アップライトインデックス ダイヤル(文字盤)から立体的に浮き出ているインデックス(時刻を表すマーク)のことを言う。文字盤の裏からプレスして凸面が作られたプレス型と、文字盤に穴を開け差し込んで固定する植字型とがある。最近は安価な接着式が多くなっている。

アラーム 設定した時刻に音を鳴らして知らせる機能。

アンチショック(耐震装置) 天真(テンプの軸)を衝撃から守る装置。受石を柔らかいバネで支えて、弾力によってショックを吸収している。

機械式ムーブメントに用いられる軸受けのこと。人造ルビーや人造サファイアが使われている。その使用数によって17石や21石などと表記される。最低15石あれば単純な2針時計を組むことが出来る。歯車の多い複雑時計や耐久性の高い時計ほど、石の数は多い。かつては天然ルビーを使用していたため、装飾目的として多用されたこともあった。

インダイヤル クロノグラフなどに付いているダイヤル(文字盤)の中にある小さなダイヤルのこと。30分または12時間の積算計や秒針が主である。クロノグラフでは秒針がインダイヤルのものもある。

インデックス 文字盤上にある時間や分を表す目盛り、数字のこと。バー、ローマ数字、アラビア数字、ドットやダイヤを埋め込んだ物など様々なタイプがある。

裏蓋 時計のケースの裏側の蓋のこと。通常はケースと同じ素材が使用され、ねじ込み式やスナップ式で取付けられる。防水時計にはテフロンやゴム製のパッキンが挟まれている。

エクステンションブレス 伸縮可能なブレスレットのこと。繋ぎ目に板バネを入れることによって伸縮し、腕にフィットするようになっている。

エスケープバルブ 飽和潜水を行う時、時計内に入り込んだヘリウムガスを排出させるためのバルブのこと。時計内のヘリウムガスを排出しないと、ダイバーが浮上するに従ってガスが膨張し、時計が破損してしまう。

ETA(エタ)社 多くの時計メーカーにムーブメントを供給している、スイスの時計老舗ムーブメントメーカー。1982年に設立されたスウォッチはETA社のオリジナルブランドで、1983年にはスウォッチグループの前進となるSMHグループを結成した。

エル・プリメロ 1969年にゼニス社とモバード社が共同で開発した自動巻クロノグラフムーブメントのこと。振動数36,000回/時の高精度ムーブメント。

エンジンターンド ムーブメントに施された、渦巻状の模様。本来は旋盤によって金属を加工した際に出来る切削痕ではあるが、時計の場合は装飾の意味合いが強い。

エンドピース ブレスレットのコマの内でもっともケースに近いコマのこと。ブレスの力が集中するため強度が要求される。

オイスターケース イギリスのオイスター社が開発した世界初の完全防水ケース。1926年にロレックスが採用。金属の塊をくり貫いて作られたケースに、リューズと裏蓋をねじ込み式にすることによって、ケース内への水分や埃の浸入を防ぐことに成功した。基本構造は当時のものと未だに変わっていない。

オーバーホール(OH) 時計の中身を分解し、修理や洗浄、注油などをすること。機械式時計の場合、油が切れることによりパーツが磨耗したり、カスなどが溜まって動きに支障をきたし、時間が狂ってきてしまう。時計を長持ちさせるためには、3〜5年に1回のサイクルでOH(オーバーホール)をすることが望ましい。


 か行

回転ベゼル 時計の外周についている目盛りで回転する部分。経過時間や第2時刻を表示するなど、様々な使い方が出来る。

カボション 面がカットされた宝石に対し、つるつるにカットされたものを指す。時計では、リューズの先端に埋め込まれた宝石のこと。装飾目的として付けられている。

機械式時計 巻き上げたゼンマイが戻る力を動力にして針を動かす時計のこと。リューズを巻くことによってゼンマイが巻かれる手巻きと、ローターが回転することによってゼンマイが巻かれる自動巻き(オートマチック)とがある。

逆回転防止ベゼル 主にダイバーズウオッチに使われる一方向のみに回転するベゼルのこと。ダイバーが潜水時間を測る時に使う為、誤って逆回転してしまい、測定時間が狂わないようになっている。

ギャランティ 保証あるいは保証書のこと。保証書は新品購入時に付いてくるが、原則として再発行されない。

キャリバー(Cal.) ムーブメントの型式を表す用語。『Cal.』で表示されるムーブメントのサイズや機構を数字やアルファベットを使って表すことが多い。

ギョーシェ彫り 文字盤に彫り込まれた細かい模様のこと。現在では機械による彫り込みや型押しのプレスが主になっているが、一部のブランドでは職人による手旋盤で掘り込まれている。装飾目的の他に光の反射を防止する効果もある。

クオーツ ムーブメントの種類の一つ。水晶振動を用いることにより、1秒間に数万回に及ぶ振動数を実現。機械式ムーブメントに比べ、格段の精度を誇る。世界初のクオーツ式腕時計は、1969年発売のセイコー・アストロン。

クラウンマーク ロレックスのシンボル、王冠マークのこと。1925年に商品登録されて以来、時計の様々な部分に取り入れられている。ちなみに、クラウンにはリューズの意味も含まれている。

クロノグラフ 標準の時計機能にストップウォッチ機能が付いた時計のこと。始動、停止、再始動、リセットができ、60秒で1周するクロノグラフ秒針が30分計や12時間計と連動して経過時間を測定する。

クロノメーター規格 スイス公認のクロノメーター協会(C.O.S.C)が15昼夜かけて厳しい精度検査を行い、その検査を通った時計だけに与えられる称号。

ケース 文字盤やベルト部分を除いた、ムーブメントを納めるケースのこと。素材や形は様々ある。

コーアクシャル脱進機 脱進機構で、通常2つのツメを持ったアンクルを使用するが、コーアクシャル脱進機は3つのツメのアンクルを使用する。アンクルの3つのツメと降り座に付いたツメ、ガンギカナがあることによって、作業が分担されることになり、磨耗が軽減されてメンテナンス時期も長くなる。磨耗が少なく、潤滑油がほとんどいらないため、安定した精度を保つことが出来る。

コマ ブレスレットを構成する部品の最小単位の一片。金属以外にもラバー素材などもある。

コンビ 異なる2つの素材、または2色を合わせて構成されたケース、ブレス、またはそのモデルのこと。

コンプリケーションウオッチ パーペチュアルカレンダー、トゥールビヨン、ミニッツリピーター、スプリットセコンドなど、複雑機構がいずれか、または複数搭載されている時計のこと。製作には時間と高い技術を要するため、大変高価である。


 さ行

サファイアクリスタル
 (サファイアガラス)
腕時計の風防として最高級とされる素材。人工サファイアをカットし、研磨したもの。天然サファイアと同等の硬度を持ち、傷が付きにくく防湿性にも優れ、透明度が高いので文字盤が見やすいなどのメリットがある。

GMT 『グリニッジ・ミーン・タイム』の略で、グリニッジ標準時間のこと。腕時計では、24時間針と24時間目盛りで時差のある任意の2箇所の時刻が読取れるものをGMT機能といい、その針をGMT針という。

シースルーバック
 (裏スケルトン)
裏蓋に透明な素材(サファイアクリスタル・ガラス)を使うこと。ムーブメントの緻密な機構や動きを時計の裏側から楽しむことが出来る。機械式高級クロノグラフや複雑時計に多く見られる。

姿勢差 時計本体やムーブメントを上下、横向きなど位置や方向を変えることで生じる精度の差異。

ジャンピングアワー 通常の時計の場合、時計回りに時刻が進んでいくところ、ジャンピングアワーの場合は時刻がジャンプする、遊び心を持たせた機能。

ジュネーブシール ジュネーブ市が制定した、クロノメーター規格よりも、さらに厳しい規格に合格した時計に与えられる認証。ムーブメントの品質や組立てなど、最高レベルの基準にクリアしたムーブメントには、ジュネーブ市の紋章が刻印される。

ジュビリーブレスレット ロレックスでは主にデイトジャストに装備されている5連式ブレスのこと。『ジュビリー』とは、40周年の区切りを祝う欧州ならではの祝い年。ロレックス社の40周年目に発表されたデイトジャストに装備されていたことから、5連ブレスのことを『ジュビリーブレス』と呼んでいる。

ジュビリー文字盤 ロレックスの文字盤の一種。全面にレリーフが施された銀色の文字盤で、コンピューターのように細かい直線により『ROLEX』の文字が刻まれている。『コンピューター文字盤』とも言う。

シリアルナンバー ひとつひとつの時計に付けられる通しの固有番号。シリアルナンバーで製造年月を管理しているメーカーもある。

振動数 振り子時計では『振り子』、機械式時計では『テンプ』、クオーツでは『水晶』が揺れる回数のこと。基本的に振動数が多くなれば時計の精度が上がるが、その分摩擦や磨耗も激しくなる。そのため耐久性に問題が出てくるので、高振動だがらといって必ずしも高精度ということにはならない。

スイス公認クロノメーター協会 ジュネーブに本部を置き、時計の品質向上を目的とし設立されたクロノメーター規格の試験を行っている機関。その他、時計精度の検査なども行っている。

スクリューバック ダイバーズウォッチなどに多く使用されるねじ込み式の裏蓋のこと。気密性と防水性を高めるために、通常パッキンと組み合わせて使われる。

スケルトン 時計の表・裏から内部構造が透けて見える時計のこと。

スプリットセコンド
 クロノグラフ
ラップタイム(中間地点から次の地点までの経過時間)を計測することができる機能を持ったクロノグラフ。

スモールセコンド インダイヤルに配置された60秒針のこと。一般的な時計は、秒針が時針・分針と同じセンターに付いている(センターセコンド)。

積算計 クロノグラフで分単位(30分積算計)、時間単位(12時間積算計)で計測できるインダイヤルのこと。


 た行

耐磁性 時計が外からの強い磁気に耐えられる性能。時計は磁気を受けることにより帯磁し、誤差を生じてしまうことがある。そこで耐磁素材を使うことにより磁気からムーブメントを守っている。

ダイバーズウォッチ 防水性に優れた潜水に使用できるスポーツウォッチのこと。最低でも100M以上の潜水が可能であることがISO規格で決められている。

ダイヤル いわゆる文字盤のことで、時刻を表示する目盛りや数字、マークが示されている部分のこと。その素材やデザインは様々で時計の顔を決定する重要なパーツ。

タキメーター クロノグラフに付いている平均速度を測定することが出来る機能のこと。発進したときにスタートボタンを押してクロノグラフを始動させ、1km通過時点でストップする。その時にクロノグラフ針が指しているタキメーターの目盛りの数が平均時速となる。

Wネーム ダイヤルにメーカーの他、別のブランドの表記が入ったもの。

短針 時を示す針、時針のこと。分を示す分針(長針)に比べ短いのでこう呼ばれる。

長針 分針のこと。ダイバーズウォッチでは長針を読み誤らないようにするため、認識しやすいデザインになっている。

デイデイト デイトが日付で、デイが曜日。カレンダー機能のこと。

ディフュージョンブランド 既存ブランドが、低価格設定の時計をラインナップして販売する、普及ブランド。ロレックスに対する、チュードルがそれにあたる。

デュアルタイムウォッチ メインの短針、長針とは別に文字盤内にもう一つ12時間計を設けることによって、2カ国の時刻を瞬時に読取ることが出来る機能を持った時計のこと。メインの長針とは別にもう一本長針が付いたGMTモデルよりも、第2時刻が読取りやすいのが特徴である。

テンプ テン輪やテン真、降り座などで構成された調速を行う部分。輪列、ガンギ車、アンクルと伝わってきた主ゼンマイの動力を、テンプの中心にあるヒゲゼンマイと共に規則正しい速度に変換する働きをしている。

トゥールビヨン アブラアン・ルイ・ブレゲが1795年に発明した複雑機構。地球には重力があるためその重力によって、時計には姿勢差が生じてくる。その姿勢差を相殺するための機能。振動するテンプと脱進機を納めたキャリッジと呼ばれる籠が回転することによって、重力の影響を平均化する仕組みになっている。

トリプルカレンダー 月・日・曜日・月齢(ムーンフェイズ)を表示することができるカレンダー機能のこと。小窓で表示するタイプが多いが、針で文字盤の目盛りを示すポインターデイト表示のものなどもある。


 な行

七大機構 機械式のムーブメントにおいて、複雑かつ製作に硬度な技術が必要とされる機構の総称。トゥールビヨン、永久カレンダー、レトログラード、パワーリザーブインジケーター、ミニッツリピーター、スプリットセコンドクロノグラフ、ムーンフェイズの7つを指す。

日常生活防水 洗顔をした時に跳ねる水滴や雨や汗など、日常生活においての水分に耐えられる程度の防水性能のこと。通常は3気圧(30M)の防水となっている。

日差 1日の時計の進み、遅れ度合いを数字で表したもの。ムーブメントの性能や気候、湿度、季節によって日差は異なってくる。

24時間針 時刻を24時間単位で表示するインダイヤル。昼夜の区別が一目で分かる。

ねじ込み式リュウズ ダイバーズウォッチなどに使われるリュウズで、ケース側とリュウズ側のネジと、パイプ内に設けられたネジを同時に締めることで、二重にロックされ防水性が高まる仕組みになっている。


 は行

バーゼルフェア スイスのバーゼルで毎年春に行われる世界最大の時計・宝飾品の国際見本市。

パッキン 金属の結合部に挟み込む樹脂やゴム製の部品。ケース内部への水分や埃の混入防止の役割をもつ。

ハック機能 時間合せの際、リューズを引くと、秒針を停止出来る機能のこと。

バックル 時計のブレスレット、ベルトの留具のこと。クラスプや尾錠とも言う。

パーペチュアルカレンダー 西暦2100年まで無調整で閏年も自動的に表示するカレンダー機構。普通のデイト表示などは2月28日や4・6・9・11月などの30日までの月の場合、表示を修正しなければならない。しかし、パーペチュアルカレンダーは4年に一度の閏年もプログラムされた歯車を持つので修正不要である。

パワーリザーブ ゼンマイの巻き上げがあとどれくらい残っているのかを表示できる機能。

ヒゲゼンマイ テンプに取付けられた細かいヒゲ状のゼンマイのこと。輪列を通りガンギ車からアンクルの衝撃を介して伝えられたエネルギーを天輪の振動に変える役割を果たしている。

尾錠 革ベルトにおいて12時側と6時側のベルトを留める金具のこと。ベルトの穴を差し込む中央の棒のことを『ツク棒』という。

秒針 秒針を示す針のこと。セコンド針ともいう。時針、分針と共にセンターに付いているものをセンターセコンド、インダイヤルにあるものをスモールセコンドという。

風防 時計表示部分を保護する風防ガラスのこと。サファイアクリスタルや強化ガラス、合成樹脂のアクリルガラスなどの素材が用いられる。

プッシュボタン クロノグラフ機構をスタート、ストップ、リセットするためのボタンのこと。非防水は角ボタン、防水は丸ボタンのものが多い。

フライバック クロノグラフにおいてストップウォッチ機能を使用中にリセットボタンを押すと、秒針が瞬時に戻って再び計測を始める機能。

フラッシュフィット ブレスとアームの連結用の部品。外部から負荷がかかるため、堅牢性が求められる。

ブルースチール 高品質のスチールに焼入れすることで、光沢感のある美しいブルーの酸化被膜を作った銅のこと。美しいブルーの発色が難しく量産できないため、高級時計の針などに使用される。焼きを入れることによって錆びにくくなる。

ブレスレット 金属製のバンドの事で、パイプやピン、コマ、バックルなどで構成されている。

ヘアライン仕上げ ステンレススチールのケースや裏蓋、ブレスレットなどに髪の毛のような細かいラインを施したもの。ブラシなどで擦って加工している。

ベゼル 風防を固定するために付けられたリングのこと。様々な種類がある。また、ダイバーズウォッチなどに付いている経過時間を計れるものを回転ベゼルという。

ボーイズサイズ 通常の男性モデルより一回り小さく、女性モデルより一回り大きい中間サイズのこと。

ポインターデイト ダイヤル外周の日付インデックスを針で指す機構。

歩度 日差、月差、年差の総称で時計の進み具合や遅れ具合のこと。歩度緩急とはこの歩度を調節することを言い、機械式はヒゲゼンマイに付いている緩急針を操作することによって歩度を調節する。

ポリッシュ仕上げ 鏡面仕上げのことで、車などでも使われることが多い。鏡のような光沢で高級感溢れる仕上がりとなる。


 ま行

マニファクチュール ムーブメント専門メーカーが製造したムーブメントを使わず、ムーブメントからケース、ベルトに至るまで全ての部品を自社で一貫して製造し、組み立てる技術を持った時計メーカーのこと。

マザーオブパール
 (シェル)
真珠母貝を使った文字盤のこと。殻の裏側にある真珠層を薄く削り、文字盤に貼り付けて作られる。光の加減によってまろやかに変化する色調、陶器のような深みのある光沢は他の素材では味わえないラグジュアリー感を演出する。基本的には白色系だが、ブルーやピンクのようなカラー系も存在する。※真珠母貝とは、アコヤガイ、白蝶貝、黒蝶貝などの総称で、特定の貝を指す言葉ではありません。

ミニッツリピーター ボタンを作動させることによって、音で時刻を知らせる機能。複雑機構の中でも最も高度な技術を要する。2種類のハンマーとゴングが内蔵されており、低音と高音、和音の3種類で時刻を知らせる。暗闇などの文字盤が見えない状態でも時刻を知ることができる。

ミネラルガラス 無機ガラスと呼ばれる普通のガラスのこと。強度は低く、カット面を太陽光に照らして横から見ると青く見えるのが特徴。

ムーブメント 時計を動かす機械のことで、動力源となるゼンマイが納められた香箱車、香箱の動力を伝える輪列、規則正しく輪列を動かすための脱調速機構などから構成される。その他、自動巻ムーブメントにはローターが加わり、クロノグラフにはクロノグラフ機構が加わる。

ムーンフェイズ 文字盤にある月齢表によって月の満ち欠けを知ることが出来る機構。月の満ち欠けの周期は29.5日なので、月が書かれたプレートは29.5日で半回転する。扇形の小窓から見える月の形によって、一目で三日月、半月、満月などを知ることが出来る。月齢とも言う。

文字盤 時刻を表示する目盛りや数字、マークが示されている部分のこと。その素材やデザインは様々で時計の顔を決定する重要なパーツ。


 や行

夜光塗料 暗い場所でも時刻を確認できるように、針やインデックスを光らせることができる塗料。光を吸収・蓄積して発光するN夜光と、ラジウムやトリチウムなどの光を吸収しなくても自ら発光する自発光型塗料とがある。


 ら行

ラグ ケースとベルトを連結するケース部分のこと。

リダン 日焼けなどで変色したりヒビが入ってしまった文字盤を書き換えること。古い塗装を剥がして文字盤に再塗装するので美しくなるが、オリジナルティは失われる。

リファレンスナンバー Ref.の次に表記されている番号で、このナンバーによりデザインを識別することが出来る。

リベット ブレスとコマをつなぐ役割を果たす留具。ねじ切りはされていない。

リュウズ ゼンマイの巻上げや時刻調整を行うために必要なパーツ。丸型、角型、平型、ファセット型などの形がある。ダイバーズウォッチなどで使われているリュウズは、ねじ込み式のスクリューロックリュウズが使われており、防水性に優れた仕組みとなっている。

レギュレーター 時・分・秒を独立して表示するダイヤルを持つ時計のこと。

レッドシール ロレックスの新品を購入した際に時計本体に結び付けられている赤いマークのこと。ギャランティにもクロノメーターの証明であるレッドシールがプリントされている。

レトログラード
 (フライバック)
針が1周しないで扇型を描き、目盛りの端まで来ると瞬時に開始時点に戻る機構。

ローター 自動巻きムーブメント機構でゼンマイを巻き上げ、エネルギーを蓄えるための両方向回転式の重り。

ワールドウォッチ 文字盤やベゼルに世界主要都市の標準時間が記載されていて、時差計算をしないでも任意の2カ国の時間が分かる時計のこと。

特定商取引法に基づく表記 支払い方法について 配送方法・送料について よくあるご質問 サイトマップ
Copyright (C) 2009 Economart All Rights Reserved.